FX情報商材

ミダスタッチ波動FX レジェンドアカデミーパッケージ(商材検証)

皆様こんにちは、FXトレーダーの黒鳥です。

先日このブログで書かせていただいた
「ファンダメンタルズで金利を見る重要性」という記事に対しての反響が思ったよりも多く、
ファンダメンタルズ分析に対しての”知識”や”意識”を持つことの重要性について、
理解していただけたかと思います。

私自信、FXトレードを始めたばかりの頃はサインなどを見たことがあります。
しかし、サインだけでは勝てない、確実性が低い。
テクニカル分析も複数の根拠を持ってサポートラインやレジスタンスラインからトレードをしても
複数のテクニカル分析を統合させて強い根拠を持ってトレードに臨んでも、
1ファンダメンタルズ要因で投資家達は動き、相場が動きます。

そこにテクニカル分析の勝ち目はありません。
簡単にレジスタンスライン・サポートラインを抜けたりするのはファンダメンタルズ要因で動いているからです。

しかし、何度も言いますが、テクニカル分析は無駄ではありません。
サインなどは一切使用しませんが、実際私もテクニカル分析を使用してトレードをしています。

サポートライン・レジスタンスライン・ラウンドナンバーなどは多くの投資家が意識するので
テクニカル分析が機能することも多々あります。

しかし、それは長い時間足であればあるほど機能する可能性が高まったりします。

それはなぜかというと、
機関投資家やプロがスイングトレードで長い時間足の天底を狙っているからです。
彼らは資金量が違うので「相場を動かす」という事がある程度出来ます。

これはあくまでも、ファンダメンタルズ要因では無く、テクニカル分析が機能する一例に過ぎません。

こういった背景を説明せずに最近はトレンドフォロー関連のしかもシステムトレードやサインツールの商材が多く目につきます。

「トレンドフォローで数千pips稼げます」のような商材には正直失望します。
おそらく安いコピーライターなどが書いているのだとは思いますが、
正直、悪意を感じてしまいますね。

相場の動く理由などの背景説明もせず、リスクに関してもあまり言及しない。
FXトレードをするというのは大切なお金を運用するという大前提を無視して、

”とりあえず商材を買ってもらえばいい”

という内容のものが増えてきています。

私は注意喚起の為にこのブログが役立てばいいと考えていますので、
今後も商材レビューを進めていこうと思います。

では、今回も読者の方からの要望がありましたので、レビューしていこうと思います。
何卒よろしくお願い致します。

販売方法、手法ともにブレが見られる

今回取り上げるのはクロスリテイリング社から販売されている
「ミダスタッチ波動FX レジェンドアカデミーパッケージ」
という商材です。

先に結論から申し上げますと、購入する価値はありません。
なぜなら、上記に述べたような内容に該当する販売ページだからです。

”とりあえず商材を買ってもらえばいい”

という考えが見えますので、購入を検討する必要はないかと思います。

この商材の講師のマックス岩本氏は今までクロスリテイリング社から
「デイトレMAX」「アダムセオリー・マスタースクール」「1秒スキャルFX」
と3つの商材を販売してきました。

この時点でロジックや手法がブレているのが分かりますし、
”彼のロジックでは勝つことが出来ない”
という証明
であると考えられます。

基本的にトレード手法やロジックをコロコロ変えても何もうまくいきません。
なぜなら手法が自分に馴染まないからです。

本物の手法であれば何度も名前を変えて様々な商材を販売する必要はありません。
要するに、これを販売することで利益を得ていると考えるべきです。

FXの商材を見つけようとしている人に向かって、
”前に立たせる人を変えて何度も販売している”
というやり方です。

こういったものに誠意は感じられません。

安易にコロナに乗じる形で
”在宅で誰でも出来る”
”放置で億を稼げる”
といったようなものになっているので、理想だけを先行させないように気をつけましょう。

ロジックの有用性についても信用度はありませんが、確認しましょう。

特出した優位性は見当たらないロジック

まず、この商材はサインツールを使用した5分足でのスキャルピングです。

ロジックは2つあり、順張りと逆張りです。

ミダスタッチ順張りロジックはトレンドの勢いに乗って大きく利益を生み出すためのもの。

そして逆張りロジックは、相場の反発を利用して、ごっそりと利益を狙うもの。

2つのロジックは、狙う場所は異なるものの、「黄金ライン自動生成ツール」があれば、
カンタンにトレードできる
ように、シンプル化しています。

「黄金ライン自動生成ツール」という専用のサインツールを使用すると
このようになります。

上昇トレンド

下降トレンド

黄金ライン自動生成ツールという名前を付けていますが、
これはMA(移動平均線)かRCI(Rank Correlation Index)で事足りると思います。
どちらも無料で使えるインジケーターですね。

このツールと一緒に着目するのは
「黄金ライン」と名付けた”半値”です。


要するにただの押し目買いと戻り売りのことです。

気になるのが、この文言です。
どこまで伸びやすいかも分かっているので、OCO注文をすれば、
エントリー後はほったらかしで、決済することも可能。

これは非常に簡単に出来るかのように記載されていますが、非常に危険です。

エントリーしてから逆行が1pipsもなく100発100中であれば、この書き方でも許されると思いますが、相場に100%はありません。

簡単に誰でも稼げるという謳い文句は詐欺に近いです。
FXは知識を吸収しようとする人でなければ安易に初めてはいけません。

炎や建物の構造についての知識がないまま火災現場に乗り込んでいくようなものです。

どんな資産運用でも資金を運用するには知識が必要になります。

それに加え、5分足のトレンドラインなのでロット数を上げてポンドに手を出すのは非常に危険です。
特に5分足の押し目買い程度のテクニカル分析は多くの場合機能しません。
少しの逆行で証拠金によってはロスカットになってしまいます。

この謳い文句をただ信用した人がいた場合、フルレバレッジでトレードしてしまう可能性も考えられます。

こちらの画像ですが、詐称画像だと考えています。
損小利大をアピールしていますが、どこから引っ張った画像でしょうか?
おそらく作成したものだと思いますが、5分足で92.5pipsは表示しきれませんし、
損失の部分と利益の部分でなぜこうも金額が違うのでしょうか?

明らかな”不正事実”ですね。

常にリスクマネジメントを考慮すべき

時間足は長い足から確認するべきものです。
小さい足の流れは結局、大きい足の中で動いていることなので大きい足から確認しないのは
非常に問題
ですね。
もちろん証拠金次第にはなりますが、5ロットのGBPUSDでは数ピプスで命取りになる方も多くいます。
私も今までGBPUSDで退場させられた人を何人も見てきています。

そういった途中のリスクは説明せずに、簡単に利益だけ得られるかのような言い方は非常に不快で仕方ありません。

最初の結論でも申し上げましたが、この商材には一切の価値がありません。
サインツールも無料で済むものですし、ロジックも誰もが知り得るもので特に新発見というものではありません。
5分足でのエリオット波動まがいも一切信用は出来ないので、アピールしているような利益には繋がらないと断言できます。

ぜひ、皆様もこういった商材の謳い文句に騙されないようにしましょう。

ブログは一方的な発信だと私の自己満足になりかねません。
本当に読者さんが知りたい内容にフォーカス出来るのが一番だと思いますので、何か質問や気になることがあればコメントにもらえればお答えしていこうと思います。

これからも引き続きお読みいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

-FX情報商材

© 2022 FXトレーダー黒鳥のブログ