FX情報商材

【商材検証レビュー 】FXエリート・スキャルマスター


皆様こんにちは、FXトレーダーの黒鳥です。

最近よく相場観のお問合せを頂く事があると同時に、
この商材は勝てますか、あの商材は高いと思いますか
との質問も頂くことが増えています。

大変嬉しい事なのですが、
私が情報を発信する理由は
「このブログが1つのきっかけとなり
あなたの投資人生に変化をもたらすことができれば」

と思っての事です。

あくまで騙されないための判断基準の一つとして
お読み頂くといいかと思います。
ご理解頂けますと幸いです。

今後も問合せが多かった商材レビューや
注意喚起が必要なもの、
ファンダメンタル関連の記事を
引き続き書いていこうと思っていますので
何卒よろしくお願い致します。


以前の商材レビューの記事を読んで下さった方達から
「このロジックはスキャルピングに向いているのか?」
という手法に関する要望が多かったのでロジックを主軸にレビューを行います。

また、私は主にファンダメンタルズ分析でトレードしているので、私なりの視点でのレビューとなることご了承くださいませ。

今回は下記3点からご説明いたします。

・非裁量トレードのメリット・デメリット
・手法とロジックの信憑性
・FXにおけるリスクマネジメント

では早速確認していきましょう。

非裁量のメリット・デメリット

今回は、
「FXエリート・スキャルマスター」
という商材について取り上げたいと思います。

こちらも、私のブログの読者の皆様はご存知のクロスリテイリング社の商材です。

前回も結論として述べましたが、
「ツールや実績、生徒が本物であれば毎回人を変えて新作を出す必要はない」
と感じてしまうような内容となっております。

裁量トレードではないサインツールや自動決済ツールは
とても危険なので、あくまでも補助として利用する程度にした方がよい、
ということをお伝えしたいと思いますが、
今回も手法など踏まえご説明を進められればと思います。

もう驚く事もないですが、
いつも通りの簡単・爆益といったサインツールです。

非裁量で知識やスキルが一切不要のサインツールで、少なくとも月収1100万円だそうです。

昔からうまい話には裏があると言いますが、
本当に良く出来た言葉だと思います。

まず先に、非裁量トレードのメリットはなんでしょうか。

・簡単
・難しいことを覚える必要がない
・勉強しなくていい
・モヤモヤしなくていい
・スキマ時間にワンボタンで行える
・難しい計算をしなくていい

といったところでしょうか。

では、デメリットはなんでしょうか。

・サインは100%正しいとは限らない
・システムの故障が起こりうる
・サインが無くなったらトレードが出来ない
・自分でリスクマネジメントが出来ない
・サイン通りに行かない場合の「なぜ?」が解消出来ない
・相場に急な変化があった時に対応出来ない

などがあると思います。

上記の中で一番気になるのは
「サイン通りに行かない場合の「なぜ?」が解消出来ない」
という部分です。

これは、投資の世界において一番危険な事です。
失っても何も気にならない資金で運用するのであれば、危険をおかすギャンブルをしても良いですが、そもそもの投資はギャンブルとは違い、根拠を持って資産の運用をすることが目的のはずなので本質からブレてしまいます。

皆様としても、リスクをとって遊ぶというより資産を運用し、手堅くお金を増やす、取るべきリスクをとって勉強をするためだと思います。

お金の流れ、動き、理由が頭に入っていないのであれば市場にお金を投入することはリスクでしかないので投資はやるべきでは無いと考えています。

FX・投資をするには、しっかりと仕組みを理解して、

なぜ相場がこのように動くのか、なぜ相場はこのように動いたのか
が理解出来ないと急な変化はもちろん、
高値安値を予測するだけなら、
ハイ&ローのようなただのギャンブルになってしまいます。

この場合、
メリットよりもデメリットの方が多いことをお分かり頂けると思います。

まずは自分に合うかではなく、そもそもの”投資の目的にあった手段”が必要になります。
その時点でこの商材は選択肢から外していいと思います。

手法とロジックの信憑性

紹介文には、
”投資なのにリスクがまったくなく、
1:7という圧倒的なリスクリワード”

”先手必勝のスピード利食いで自分の資金が減るヒマもなく、
ただ利益だけを独り占めしてしまうような
手堅くて、賢くて、ちょっとズルい、誰もが羨むFXの稼ぎ方”

とありますが、リスクの無い投資はありません。
スイス金融マフィア”のロジックというもの自体、怪しいですよね。

また、
・完全無裁量トレードでも…勝率88.9%の衝撃!
・高性能サインツールがチャンスを自動お知らせ

例に漏れず、上記の数字については全く信用に値しません。
特に、当ブログの読者の皆様であれば根拠がない
と思って頂けるのではないでしょうか?

しかし、肝心の中身のロジック自体
皆様も気になると思いますので私なりの視点で検証を進めていきます。

今回の手法は、基本的に5分足のスキャルピングです。

”僕たち人間には二つの目がありますが、
それだけでは見ることのできない相場の流れを、
このシステムがクリアにしてくれる。”


オリジナルチャートシステム
「サードアイ」と呼ばれる
人間には見えない相場の流れを可視化し、
矢印の方向と色を見て、平均足をメインの軸
としてトレンドフォローを狙っていく
順張りのロジックとなっているようです。

具体的な分析方法としては
マルチタイムフレーム分析と
テクニカル分析を組み合わせたもの
です。

さらにはトレンド相場だけを狙えるように、
レンジ相場をシャットアウトする独自の機能を
盛り込むことに成功したそうです。

しかし、実際は
平均足にして、MACDと移動平均線を表示しているだけですね。

このテクニカル分析に使用されるインジケーターを
組み合わせているだけなら
他のトレーダーもやっている人は少なく無いはずです。

確かに平均足には連続性がありますが、
あくまで、これはテクニカル分析に限られるものになります。

何より、レンジ相場を捨てて
トレンドフォローに特化しているとのことなので
テクニカル分析だけではトレンドを追う事は出来ません。

これは、トレンドの出る理由は
実需と政策によって相場が動くからです。

相場が動く理由をしっかりと理解していて、
情報の取捨選択が出来ないと
大事故に繋がります。

要するに知識が必要になります。

使用するインジケーターもそうですが、
この商材の競合優位性は皆無に近いと感じます。

FXにおけるリスクマネジメント

この商材の高性能サインツールを使えば、
エントリー&決済ポイントもすべてお知らせしてくれるそうで、
チャンスは毎月約400回、1日あたり20回もあるとの事ですが、
これに関しては信憑性はかなり低いと思われます。

このツールで提示される
エントリー&決済ポイントの決定要因は
テクニカル分析のみで算出されたものでしかありません。

これは非常にリスクの高いものになっています。
何を根拠にそのポイントを出しているのか。

そこにファンダメンタルズ分析は一切含まれていないからです。

肝心のトレード実績の画像は
スキャルピングなのに時間も
約定レートも追えないようにモザイクがかかっています。

非常に信用度の低いものですね。

そもそも相場変動が急に起こりうるこのご時世で
たった数個のインジケーターや陳腐なロジックで
今後も勝ち続けることはできるのでしょうか。
答えはNOだと言えます。

毎日、必ずプラス利益で終わらせることを使命としていて、
少なくとも月収1100万円、年間1億3500万円
ハッキリ書くのは詐欺に近いと感じます。

ツール自体も198,000円と安いものではありませんし、
簡単に手を出していいものではないと思います。

テクニカル分析のサインツールは信用に値しません。

購入を検討されている方がいらっしゃるのであれば、
デモ口座で練習がてら同じインジケーターを
試してみるのも良いのではないでしょうか。

ブログは一方的な発信だと私の自己満足になりかねません。
本当に読者さんが知りたい内容にフォーカス出来るのが
一番だと思いますので、何か質問や気になることがあれば
コメントにもらえればお答えしていこうと思います。

これからも引き続きお読みいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

-FX情報商材

© 2022 FXトレーダー黒鳥のブログ