FX情報商材

FX自動売買システムBlueEyes(ブルーアイズ)(レビュー)

皆様こんにちは、FXトレーダーの黒鳥です。

最近は、色々な商材への質問を頂きレビューをさせていただく中で、
LPにある程度のお金をかけているクロスリティリング社のレビューをさせて頂くことが多いのですが、お金をかけていないLPも中には存在します。

今回は、このブログの読者さんから頂いたニッチな商材のレビューをしていきたいと思います。

FX自動売買システム「BlueEyes」というものになります。

いつもとは少し毛色の違うものになりますので、見ていきましょう。

今回は、2つの観点から見ていこうと思います。

・LPの内容
・この商材の優位性

ある程度客観的に見ていければと思いますのでお付き合いよろしくお願いします。

誇大広告ではないものの、残念なLP

今回のこの「BlueEyes」ですが、

結論として、”自動売買システムなので購入は自己責任で”となります。

まず、LPが非常に簡素ですね。

簡素なLPでも、
・これを買ったらどうなれるのかの提示
・ロジックの提示
・実践者の結果を開示
・主張

以上の4点を端的に抑えていれば、事は足りるものではあります。

しかし、ある程度のデザイン性は必要だと感じます。

人は見た目で9割のものを判断するそうです。
なので、パッと見て目に入るネーミングやキャッチコピー、パッケージは非常に重要です。

「使ってもらえば良さは分かる」では今のスピード優先の時代では埋もれてしまいますしね。

特にデザインは
”そこに何が書いてあってどこが重要で何が言いたいのか”
が明確になっていないと何も伝わりません。

”このシステムを開発したから買って欲しい、多くの人に使ってほしい”
という意気込みに欠けているなという印象を抱いてしまいます。

また、このLPに使われている画像はフリー素材の物ばかりです。

本当にこの商材で稼げるのであれば、
もう少しお金をかけてページを作るべきだった
と思います。

30万円もあればもう少しまともなページが依頼可能なので、LPに記載しているように
8か月で780万円稼げる事が本当であればこういった部分に資金は出てくるはずです。

こういったところで「本当に稼げるのか・・・?」と疑問を払拭出来ない人はいるはずです。

ましてやシステムを開発し、メディアで宣伝がいかに重要かを理解しているはずの人なので。

最近では少しまともな実績公開ではあるものの

ここ最近のレビューでは実績を載せていないものが大半でした。

しかし、このLPには本人の実績・モニター15人の実績、そしてバックテストの実績3年間を隠すことなく公開しています。
しっかりマイナスになることも出していますね。
生徒とのやり取りは切り取りなのでなんとも言えませんが。

ロット数がしっかり制限されているのはいいと思いますが、もしロスカットになりそうな場合はどうするのか。
また、セーフティネット(安全装置)は張っているのか。などは非常に気になります。

そして、このブログの読者さんの中でこのLPを見て
「なんで利益が出るの?」
と思う人はどのぐらいいるでしょうか?

宣伝は商材や物を売りたいから出します。
買って欲しいからこそ「買いたい!」と思ってもらえように作ります。
では、記載されていないメリットは何か?
を考える必要があります。

読んだまま誘導されてはダメです。

先ほど、

・これを買ったらどうなれるのかの提示
・ロジックの提示
・実践者の結果を開示
・主張

上記が重要だと言いました。
しかし、このLPには稼げる根拠となるロジックについては一切明かされていません。

・いつからいつまでの統計をシステム化したものなのか、
・レンジブレイク後の押し目買いでエントリーするようにしているのか
・何を鉄板トレードとしているのか

など、
”何をどう判断してエントリーと利確をするのか”
については触れられていません。

私はファンダメンタルズ分析を得意としておりますが、
もちろんインジケーターやトレンドの分析などでチャート分析も行います。

ファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でもそこでは必ず根拠を探しています。
その根拠を説明していないのは少々問題かと思います。

(もちろん投資ですのでこれは過去3年間の結果であり、この先も100%利益が出る、また絶対に飛ばないというのを保証するものではございませんのでご了承ください)

このような記載があるように、このシステムに絶対はありません。

正直、巷で販売されるサインツールや自動売買ツールに対しては少々懐疑的ではあります。

トレードしたことのある皆様ならわかるように、
ちょっとしたことでそのサインが効かなくなるなどがありますし、効かなくなった際に
サインツールや自動売買ツールのアップデートは行われていますか?
そしてそれはどれくらいの頻度で行われるのでしょうか?

また、通貨ペア毎に効くインジケーターや時間帯によって状況が変わるインジケーターもありますが、果たして一体どれくらい効果的に作用するのでしょうか?

システムが機能しなくなり長期メンテナンス、もしくは稼働させられないとなった場合、
このシステムだけで運用してきた人たちはどうすればいいのでしょうか?

これはファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でもサインツール、自動売買にも言えるのですが、圧倒的に勝つためには情報のアップデートが必要になります。

ゴールドマンサックスなど大手投資会社は、日々しっかりと資金をかけてAI技術をアップデートしているからこそ成り立ちますが、
この商材は果たしてどのレベルでアップデートがあり、どのレベルのサポートがあるのでしょうか?

これを見る限りどうしても、私としては説明不足でナンセンスかと思います。

以上のことから結論として
”あくまで自動売買システムなので購入は自己責任で”
となります。

ブログは一方的な発信だと私の自己満足になりかねません。
本当に読者さんが知りたい内容にフォーカス出来るのが一番だと思いますので、何か質問や気になることがあればコメントにもらえればお答えしていこうと思います。

これからも引き続きお読みいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

-FX情報商材

© 2022 FXトレーダー黒鳥のブログ